2011年09月17日

この間のつづきから


父の代(二代目)になると、
組合を設立することになります
理由は、仕込み作業の効率化・人件費削減です。

組合から仕込みをした(生揚げ)を購入して、前に話しましたが、火入れ→タンクに入れて2週間ほど寝かせる→ビン詰め→出荷の製造工程をすることになるのです。

と言うことで、火入れする段階で、その店の味が造られるわけです。
こうやって代々の店の味は、続いて行くんですよ。

父もなくなり、三代目の自分の代に引き継いだわけです

四代目になる?息子は、只今修行の旅へと出ております。    


同じカテゴリー(青柳醤油の歴史)の記事画像
青柳醤油の歴史
同じカテゴリー(青柳醤油の歴史)の記事
 青柳醤油の歴史 (2011-09-15 15:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。