Posted by at

2011年09月17日

この間のつづきから


父の代(二代目)になると、
組合を設立することになります
理由は、仕込み作業の効率化・人件費削減です。

組合から仕込みをした(生揚げ)を購入して、前に話しましたが、火入れ→タンクに入れて2週間ほど寝かせる→ビン詰め→出荷の製造工程をすることになるのです。

と言うことで、火入れする段階で、その店の味が造られるわけです。
こうやって代々の店の味は、続いて行くんですよ。

父もなくなり、三代目の自分の代に引き継いだわけです

四代目になる?息子は、只今修行の旅へと出ております。    
  


Posted by 青柳醤油 at 22:41Comments(0)青柳醤油の歴史

2011年09月15日

青柳醤油の歴史

今日は、青柳醤油の歴史見たいなものをチョットだけ話して見ようかなと、思います。





醤油とは、仕込み→火入れ→タンクに入れて2週間ほど寝かせる→ビン詰め→出荷の製造工程となります。
創業は大正5年おじいさんが創めました。その頃は、仕込みからしていました。当時の作業場の名残りは、少しになりましたが今も大切に残っています。つづく  


Posted by 青柳醤油 at 15:24Comments(1)青柳醤油の歴史